製造工程-2

ボーンチャイナの製造工程

ノリタケ 大倉陶園の食器とギフト
ノリタケ 食器 通販
大倉陶園 食器 通販
ノリタケ ボーンチャイナの食器
ノリタケ 大倉陶園の食器とギフト食器の豆知識製造工程  >   > 

ボーンチャイナは原料に一般磁器に用いる陶石・長石・珪石・粘土・カオリンの他に牛の骨灰(ボーンアッシュ・リン酸カルシウム)またはリン酸三カルシウムを含みます。ボーンチャイナに含まれるリン酸カルシウム(リン酸三カルシウム)の含有量の日本での規格は30%となり、下記の工程で製品化されます。

骨灰・陶石・長石・珪石等 粘土・カオリン
湿式粉砕
混合
脱水
水・解膠剤 泥漿調整 土練
鋳込成形 ロクロ成形
乾燥
仕上
焼締 (1250〜1300℃)
施釉 釉薬
釉焼 (1100〜1200℃)
検査
上絵付
絵付窯 (800〜900℃)
金絵付
金絵付窯 (750〜850℃)
検査
製品


********************************************************************************************

<< ご意見・お問い合わせ >>

ノリタケショップ陶仙

お問い合わせ窓口 〕





Copyright © 2016 ノリタケ 大倉陶園の食器とギフト. All right reserved.