オープンストックをご存知ですか?

ノリタケ 大倉陶園の食器とギフト食器の豆知識オープンストックをご存知ですか?

一部に銀食器などもございますが、一般的な洋食器のほとんどは陶磁器です。
その陶磁器は残念なことに長い間の使用で割れてしまったりかけてしまったりということがあります。せっかく揃えたディナーセットも一つ二つが足りなくなってしまうとディナーセットの魅力が半減してしまいます。それに、そのディナーセットに大切な思い入れがあったり、結婚の記念に揃えたディナーセットであったりしたら大変に惜しいものです。
ディナーセットの内、一つの食器を割ってしまった、そんな時に便利なシステムがオープンストックと言うものです。解りやすく言うと、セットではなくご希望の食器を一つ一つバラバラに購入できるシステムです。破損の補充に大変に便利なシステムですね。
別の考え方をすれば家族が増えたからカップソーサーを1客とディナー皿とスープ皿・・・をそれぞれ1枚 と言った具合にディナーセットの内容を充実させていくことも可能なわけです。
ご結婚の際、お母様がお嬢様にディナーセットをプレゼントすると言うことが店頭ではしばしばございます。そう言った事は特別な例として、自分自身でディナーセットを一度に揃えることは大変なことかも知れません。
そんな悩みもオープンストックシステムを利用すれば合理的で一度に負担する金額も抑えることが出来て経済的ですし、後に楽しみも続きます。
どんな順番で揃えるか?
先ず、普段の生活を考えて使用頻度の高い食器から揃えていきましょう。
一例として・・・
最初にメインディッシュに使用するディナー皿にスープ皿、サラダ(デザートも兼用出来ます)、カップソーサー。ご家族やお客様の人数を考えて枚数を決めて下さい。
第二段階ではプラター(大きな盛皿)、サラダボール、ベーカー(パンを入れる器、サラダボールにもお使い頂けます)、やや小さめ16cm程度のパン皿。ここまで揃えるとちょっとゴージャスな演出も楽しめるでしょう。
第三段階では、ティーポット、シュガーポット、クリーマー(ドレッシングボードにもお使い下さい)や食卓にアクセントをつけるクレッセントプレートなどを揃える。ここまで揃えるとティータイムからパーティーまで幅広くお使い頂けるディナーセットの出来上がりです。
もう一つの例では、最初にティータイムを意識して揃える方法を
第一段階ではカップソーサーにティーポット、シュガーポット、クリーマー、21cmのデザート・ケーキ皿を揃えます。この21cmの皿はライス皿としてもお使い頂けます。
第二段階でディナー皿・スープ皿・パン皿を加えます。後にサラダボール、ベーカーなどのアイテムを揃える。
一度に揃えようと思うと大変なディナーセットでも、このようにステップアップさせていけば無理もなく楽しみながら揃えていくことができます。
このウェブサイトでも紹介しているノリタケのヨシノ花更紗レースウッドゴールド、また大倉陶園の ブルーローズ金蝕瑠璃などは非常に人気の高いロングセラー商品でオープンストックシステムを利用し、毎月少しずつ買い足しているお客様もいらっしゃいます。
ご結婚や新築、新しい生活のスタートにオープンストックシステムを利用してみてはいかがでしょう?

********************************************************************************************

<< ご意見・お問い合わせ >>

ノリタケショップ陶仙

お問い合わせ窓口 〕



Copyright © 2016 ノリタケ 大倉陶園の食器とギフト. All right reserved.