オーブン・電子レンジ対応の食器

ノリタケ 大倉陶園の食器とギフト食器の豆知識オーブン・電子レンジ対応の食器

オーブンに入れることの可能な食器があります。身近なところでグラタン皿やキッシュです。ノリタケのそれらの食器には《OVEN SAFE》と表示されています。わざわざ表示するのですから、オーブンにはあまり向いていない食器もあることが想像できます。
《OVEN SAFE》の食器とそれ以外の食器ではどこが異なっているのでしょうか?
オーブンの中の温度は200℃以上になります。でも、陶磁器は1000℃以上の高い温度で焼成しているのですし、高い温度に弱い訳ではありません。どこが違うのでしょうか?
それは温度変化のスピードです。陶磁器の焼成はオーブンのように急激な温度変化はありません。30時間も40時間もかけて、ゆっくりと温度を加えていくことと、冷たい食品を盛っていきなり200℃の中に入れるのでは訳がちがいます。そして、熱せられた後に急に冷たい流し台にのせてみたり水に濡れてみたりと、耐熱食器の扱われ方は非常に過酷なものですから。
JIS規格の基準に《冷熱温度》というものがあります。150℃の温度変化をクリアできる食器であれば《OVEN SAFE》なのです。また一般の磁器に比べボーンチャイナは冷熱温度が20%ほど低くなりますので、オーブンには不向きです。
しばしば『金を使っていないから電子レンジOK』と勘違いしていらっしゃる方がいます。確かに金やプラチナ等の金属で加工した食器は電子レンジに入れるとパチパチとスパークしてしまいます。それだけでなく、電子レンジは水分がマイクロ波の力で熱を持つので、吸水性のある陶器なども要注意です。
ノリタケの電子レンジ対応の食器の裏側には《MICROWAVE SAFE》と表示されていますので、ちょっと裏を見て確かめてみてはいかがでしょうか?
ノリタケのボーンチャイナの場合、《MICROWAVE SAFE》の表示はございませんが、電子レンジにボーンチャイナの食器を入れる場合は食材を暖める程度の範囲でお使い下さい。

********************************************************************************************

<< ご意見・お問い合わせ >>

ノリタケショップ陶仙

お問い合わせ窓口 〕



Copyright © 2015 ノリタケ 大倉陶園の食器とギフト. All right reserved.