ガラス食器のお手入れについて

ノリタケ 大倉陶園の食器とギフト食器の豆知識ガラス食器のお手入れについて

ガラス食器は透明で輝いていると見た目にも美しいのですが、長い間使っていると汚れが残ってしまい、購入した時の美しさが・・・
知っているようで案外知られていないガラス食器のお手入れ方法を簡単に記してみます。
1. グラスの汚れはほとんどの場合は油・脂、乳製品などに含まれるカルシウム、また口紅などです。
そのような汚れは大抵の場合、中性洗剤を薄めに溶かしたぬるま湯で、一つ一つ柔らかな布やスポンジで洗ってあげると問題なく綺麗になります。
決してクレンザーや研磨剤の含まれた洗剤は使わないでください。ガラスの表面を傷つけてしまいます。
2. カットの施されたグラスなどは歯ブラシを使って洗います。
3. ワイングラスのような足のついた器を洗う際は、足を持って胴を洗うようなことは厳禁です。捻る力を加えることによって足を折ってしまうことが非常に多いです。
4. 濯ぐ際は一度水を用いた後にぬるま湯を使うと水の切れが早く水垢も残りにくいです。
ただし、ガラスは急激な温度変化には大変に弱いですから、温度差にはご注意ください。あくまでもぬるま湯です。風呂の温度くらいが限度だと言われていますので、ご注意ください。
5. それでも汚れが落ちない場合はレモンの切れ端に塩を乗せてこするか、塩に酢をたらして拭いてあげると良いでしょう。
6. ガラスは製造工程の最後に酸で処理を施し透明度と輝きを引き出します。アルカリ性の漂白剤の使用は長い間にはガラスの輝きを失わさせてしまいますので、ご使用にならない方が良いでしょう。
多くの食器洗浄機は専用の洗剤を使い、その洗剤はアルカリであることが多いですのでご注意ください。
それぞれの食器洗浄機の取り扱い説明書にも記述があると思います。その指示に従ってください。
7. 洗った後は布巾に伏せて水を切ります。また、食器棚に収納する際は伏せないようにしてください。湿気で曇ってしまいます。また、重ねると割れやすいので、重ねての収納は避けてください。

********************************************************************************************

<< ご意見・お問い合わせ >>

ノリタケショップ陶仙

お問い合わせ窓口 〕



Copyright © 2015 ノリタケ 大倉陶園の食器とギフト. All right reserved.