ノリタケ 年表

食器製造から未来に向けた新分野まで幅広い事業を展開しています

ノリタケ 大倉陶園の食器とギフト
ノリタケ 食器 通販
大倉陶園 食器 通販
オールドノリタケ
ノリタケ 大倉陶園の食器とギフト > オールドノリタケ通販  ノリタケの歴史とオールドノリタケノリタケ 年表

《 ノリタケの歴史 》
1859年 森村市左衛門 海外貿易を志す
1876年 東京都銀座4丁目に森村組創業
大倉孫兵衛 森村組に参加
森村豊 佐藤百太郎らと共同でニューヨークに『日の出商会』を設立
1878年 『日の出商会モリムラブラザーズ』設立 1881年『モリムラブラザーズ』と改称
1882年 モリムラブラザーズ 小売業から卸売業に営業転換
1885年 約売注文の受注開始
1896年 東京 京都などの絵付工場を名古屋に集約開始(1898年完了)
1897年 白色硬質磁器開発研究のため、飛鳥井孝太郎をヨーロッパへ派遣
1903年 『日陶3.3生地』完成
1904年 日本陶器(名)創立 大倉和親代表社員就任
第1号窯火入れ
1907年 自社用研削砥石の製造開始
1908年 芝浦製作所(現 (株)東芝)と特別高圧碍子の製造について提携
1912年 製陶研究所を設け、衛生陶器の製造研究を開始
1913年 25cmディナー皿の焼成に聖子王
1914年 日本初のディナーセット完成
1915年 アメリカ ラーキン社より食器を大量受注
1917年 衛生陶器部門を分離し『東洋陶器(株) 現 TOTO(株)』を設立
日本陶器(株)を設立 日本陶器(名)を吸収合併
1918年 自社磁器製造用転写紙の製造を開始
1919年 碍子部門を分離 日本碍子(株)を設立
大倉孫兵衛 和親親子 大倉陶園を設立
森村市左衛門 逝去
1920年 大倉孫兵衛 逝去
1925年 日本で最初のIBM計算機を導入
1932年 ボーンチャイナの研究・製造を開始
1939年 工業研削砥石の本格的製造開始
1943年 第二次世界大戦により食器生地製造・絵付中止 研削砥石製造へ全面転換
政府よりボーンチャイナ技術保温の指定を受け製造を継続
1945年 食器の生産再開
1947年 米国ノリタケ(食器販売)設立
1956年 ノリタケ金属食器製作所を設立
1957年 社是『良品・輸出・共栄』を制定
1958年 ノリタケオーストラリア(食器販売)設立
1960年 ノリタケカリフォルニア(食器販売)設立
レジノイド砥石製造を開始
1961年 クリスタルガラス製造工場操業開始
日本レジン工業(株)(メラミン食器製造)を設立
1967年 伊勢電子工業(株)が蛍光表示管を開発
伊万里陶業(食器製造) 九州陶器(食器製造)を設立
厚膜回路の印刷技術開発
1968年 ノリタケカナダ(食器販売)設立
1971年 世界初のCBNホイール完成
ドイツノリタケ(食器販売)を設立
1972年 スリランカにランカポーセレン社(食器製造)設立
1973年 強化磁器『プリマデュラ』生産開始
1975年 『ノリタケローラーハースキルン(連続式焼成炉)』販売開始
1981年 『日本陶器(株)』を『(株)ノリタケカンパニーリミテド』と社名変更
1983年 遠赤外線セラミックヒーターを開発
1987年 ドイツ フランクフルトに『ノリタケ ヨーロッパ』(食器・工業機材・電子部品販売)を設立
1988年 ノリタケタイペイ(化工機材販)設立
1991年 ノリタケ香港(食器・工業機材・電子部品販売)を設立
1993年 世界初のリブグリッド蛍光表示管を開発
1994年 米国の業務用食器市場に進出
1997年 セラミック電子部品焼成用として『レインボーキルン』を開発
イギリスにアイトロンU.K.(電子部品販売)を設立
1998年 伊勢電子工業(株) 三重大学と共同で世界初のカーボンナノチューブを用いたFEDを開発
ノリタケデンタウサプライ(歯科用材料販売)を設立
2001年 ノリタケの森を開設
2004年 創立100周年
則武(上海)貿易有限公司設立
2007年 太陽電池用焼成炉を販売開始
2011年 上海に食器ショールームを開設

ノリタケの食器製造から生まれた新しい技術

ノリタケ食器25p皿 日本の洋食器
ノリタケカンパニーが1904(明治37)年に陶磁器と洋食器の製造を目的に最初の火をに灯し、日本で初めての白色硬質磁器によるディナー皿とディナーセットの製造に成功してからの歴史の根底とノリタケのクラフトマンの心の底には『白く美しい精緻な洋食器を作る』と言う熱情と事業を通じて社会に貢献すると言うノリタケ創立の精神がありました。
100年を過ぎた今も当時のノリタケの技術者・クラフトンマンの精神と熱情は現在のノリタケに受け継がれています。食器のように時代が進歩しても永遠で普遍的に変わらない継承すべき文化と製品がある一方、時代の進歩と共に必要とされる新しい製品と技術もノリタケに生まれてきました。ノリタケは食器と陶磁器・セラミックの製造技術から派生した様々な技術でも社会に貢献しようと考えています。そしてノリタケの食器製造から生まれた 『 混合 成形 焼成 研削 転写・印刷 』 などの製造技術は様々な分野に応用されています。
1.ノリタケの食器製造から生まれた研削砥石と工業機材
ノリタケは食器の他に国内最大の研削・研磨工具メーカーであり、研削砥石、ダイヤモンド・CBN工具、研磨布紙などを製造しています。そのノリタケの技術と製品は世界でもトップクラスで、日本の基幹産業である鉄鋼・自動車などの産業の力となっています。さらにノリタケは、太陽電池用シリコンやLED用サイファイアなどの加工に使われる「ダイヤモンドワイヤー」の開発に注力するなど、成長分野に対応した製品を提案しています。
2.セラミック・マテリアル事業
ノリタケの食器の製造で培ったノリタケが得意とする陶磁器・セラミックの 『 原料精製 研削 混合 成形 焼成 転写・印刷 』と言った技術です。食器の装飾に使用される水金液を始め、食器の絵付の他にも電子回路やプリント基板、さらに様々な物に装飾する転写と印刷、また歯科材料や耐火材、石膏、蛍光表示管など、ノリタケの食器製造から生まれた多くの技術が幅広い分野で使われています。
最新の分野ではノリタケの「電子ペースト」は太陽光発電、LED照明、セラミックコンデンサーあど、「厚膜回路基板」は自動車や携帯電話に、さらにディスプレイデバイスはOA機器や家電にとノリタケの食器製造から生まれた様々な技術と製品は日常の生活に溶け込んでいます。
3.エンジニアリング事業
ノリタケは地球環境を守ることが人類に課せられたテーマと認識しています。ノリタケの技術を用いて、省エネルギーと効率化を推進しています。エネルギー関連では「リチウムイオン電池用焼成炉・乾燥炉」、「太陽電池用焼成炉」などが、化学、医療、食品などの分野では材料の混合に使われる「スタティックミキサー(静止型混合機)」、研削研磨加工で必要な「濾過装置」、高品質鉄鋼用の「グラインダー」などのノリタケの技術と製品が提供されています。
4.ノリタケの地球に優しいクリーンなエネルギーの研究と開発
ノリタケは食器の製造を続けてきた100年を超える歴史の中で陶磁器・セラミックの技術を磨き上げ新しい技術の開発に力を注いできました。そして食器製造から派生した様々な技術で日本と世界の未来に貢献するための挑戦を続け基礎から応用まで幅広い研究を行っています。ノリタケの開発・技術本部ではエネルギーの有効利用を考えエネルギーネットワークの実現に向けた発電や蓄電の分野でも技術開発を行っています。
1.燃料電池
1ミリの100万分の1が1ナノです。このサイズの粒子は、大きさ、形、組成によって特性がダイナミックに変わる可能性を秘めています。この特徴を活かして、金属粒子を燃料電池などの分野で応用することが期待されています。ノリタケでは、電子顕微鏡などによる原子レベルでの構造解析や大型コンピューターを利用したシミュレーションを行い、金属粒子の大きさをナノレベルで制御し、粒子活性を高める方法の研究に取り組んでいます。
2.太陽電池とリチウムイオン電池
次世代太陽電池用電極ペーストは太陽電池から電流を取り出すための電極を形成する材料です。セラミックと金属などの粉末を樹脂、溶剤などと混合しペースト状にしたもので、基板上に印刷、焼成され電極となります。受光面用、裏面用の銀及びアルミニウムペーストの開発に成功したノリタケは太陽光エネルギーを電気に変換する「変換効率」の向上、環境に配慮した無鉛ペーストの開発にも取り組んでいます。
ノリタケはリチウムイオン電池の正極、負極材料の焼成工程において、高温の炉内で原材料を搬送する際に使う耐火性の箱を開発しています。原材料と金属などの不純物が不要な化学反応をするのを防止するために、最適な材質、サイズ、形状を追求しています。
5.新エネルギー分野での取り組み
地球環境の問題は日本だけでなく人類共通の問題です。ノリタケはその大きな問題に得意とするセラミックスの技術を応用し新しい技術と製品の開発に取り組んでいます。
既に新しいエネルギーの分野では様々なノリタケの技術と製品が使われています。
リチウムイオン電池の電極を製造する工程には焼成炉や乾燥炉などの設備を供給しています。また、太陽光発電に於いてはダイヤモンドワイヤーや電極ペーストを開発応用しています。さらに、燃料電池の分野でも新しい技術と商品の研究開発が進められています。
ノリタケは100年を超える歴史の中での食器製造から派生した様々な技術で日本と世界、人類のより良い未来に貢献するための挑戦を続けています。

********************************************************************************************

<< ご意見・お問い合わせ >>

ノリタケショップ陶仙

お問い合わせ窓口 〕





Copyright © 2017 ノリタケ 大倉陶園の食器とギフト. All right reserved.